チャリカメ!

大阪在住の30代初心者サイクリストが、ロードバイクに乗りながら写真を撮ったり撮らなかったり。

Bicycle club8月号の付録には

f:id:meeeena39:20160701001123j:plain

Nexus6Pが入ります。

すなわち、iphone6 Plusもほぼ間違いなく入ると思います。

ただし、ふたつあるジップロックのうち、ひとつは閉まりません。

が、ひとつ閉まれば汗を防ぐ程度には十分かと思います。

背中ポッケにINしている方には便利でしょう。

帰ってきた鉄下駄

さようならULTEGRA、おかえり鉄下駄

f:id:meeeena39:20160629182318j:plain

 

SHAMAL ULTRAが届くまでの間、借りていたULTEGRAを脱いで鉄下駄に戻してもらいました。

 

 

ULTEGRAに換えたときは、「何か変わった?ふーん、よくわからんな・・・」と思ったものでしたが、

鉄下駄に戻したときはまず車体を持った時に

「お、重たいwwwww」

と思いましたし、自転車を手で押してもなんか重い。

知らず知らずのうちに恩恵を受けていたのだな・・・と思いました。

 

重量はメーカーによると1640gで、SHAMAL ULTRAの2wayが1440gということもあり、この200gの差がどれほど出るのか、今から楽しみでもあり、少し不安でもあります。

 

ULTEGRAに換えたときのことを思えば、そう、私の脚は鈍い。

 

ちょっとした変化には気づくけど、すぐに慣れてしまうのです。

せっかくお金を出したのに気づかない程度にしか変わらなかったら怖いなあ・・・とも。

いつも走っている区間でタイムを出せばはっきりする気もしますが、あんまり気にしすぎても精神衛生によろしくない気はします。

使ったお金のことは振り返っちゃダメ。

 

 

そもそも、今回のグレードアップ計画にはコンポ交換も含まれており、スプロケ32Tの坂仕様にするつもりなのです。

でも、ホイールもスプロケもいきなり交換してしまったら、ホイールのおかげで軽くなったのか、それともギアのためなのかわからなくなってしまうので、先にホイールだけ換えて、あとでコンポ交換するよう店長に頼んだのでした(無駄が多い)

 

 走ってみよう

そんなわけで、鉄下駄の苦労を思い出すために、軽く坂に上ってきたのでした。

 

結論からいうと、4~5%ぐらいの傾斜ではそんなに変わらなかったです。

漕ぎだしは重い。

スピードが乗るとホイールの重量はあんまり気にならない。

15%超えの激坂が連続すると、軽量ホイールも効いてくるんでしょうなー。

行きたくないですけど。

 

f:id:meeeena39:20160629184826j:plain

小深の里にあじさいが咲いていました。携帯で撮ったわりに綺麗というか、かなり気に入った写真になったんですが一眼もちださなくてもこんだけ撮れちゃってつらい。

 

 

おまけ

じいちゃんの乗ってる車いすのホイールがG3組みだった

f:id:meeeena39:20160629194938j:plain

 

 

【懺悔】ポンドが安かったから・・・(ホイールポチー)

棒ナスが出ました。

ロードバイクに乗って三か月。乗れる日は毎日乗りました。運動不足だった31歳の体も、徐々に慣れてきて、最初はつらかった坂道も登れるようになってきました。

 

 

でも、パーツを交換してると、自分の脚が強くなったのか、機材がよくなったから速くなったのかわからないんです。

 

男として生まれた以上、速くなりたい。

自分の脚力をはっきりさせたい。

 

じゃあ、いっそのこと「ぼくがかんがえたさいきょうのじてんしゃ」を作ってしまえば、遅くても、坂がつらくても、全部自分の脚が弱いってことになるじゃん。

やっちまえよ。やっちまいなよ。それで散財もおしまいさ。

 

 

コンポを105(11速)へ、そしてホイールを新調へ

借り物のホイールでいつまでも走るのも気を遣うし、そのうちホイールは自分のやつが欲しいなと思ってました。

一応、ZONDAが評判いいし、カンパのホイールはかっこいいし気になります!と言っていたものの、店長から

 

「ZONDAは悪くないけど、5万ぐらい出したら手組みでそれ以上のクオリティ出せますよ。MAXで7万ぐらい」と言われていたので、

 

うーんじゃあ手組みでいっか・・・と思っていたところ。

 

f:id:meeeena39:20160626222852j:plain

7万のほうのリム

 

 

 

 

 

 

 

そんな矢先。

 

 



f:id:meeeena39:20160626224946j:image

 
 

f:id:meeeena39:20160626225441j:image
 
 
あーっ!お客様!!あーお客様困ります!!あーっ!困ります!お客様!!あーっ!お客様!!
 
 

f:id:meeeena39:20160626225948p:plainあーっ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


世界は混乱していて・・・

 

英国がEU離脱を決めて・・・EUが崩壊の危機を迎えて・・・

 

連鎖的に中国バブルの崩壊、世界恐慌の引き金かと言われて・・・

 

でも自転車乗りの財布には優しくて・・・

だから・・・見ててください・・・

俺の・・・散財・・・!

 

CAMPAGNOLO SHAMAL ULTRA 2way fit

いや、私も初めて数か月でいきなりこんな高級なホイールに手を出すとは思っていませんでした。せいぜいコンポを交換して、5万ぐらいのホイールで満足すると思っていたんです。

でも、このタイミングでの異様な円高ポンド安。

 

 

これは・・・天啓・・・

 

 

そもそもが46%OFF、さらにクーポン適用で7.5%OFF。

カード会社がどの時点での為替レートを採用するかにもよりますが、

最安で67000円程度でSHAMAL ULTRAが買える計算に。神なの?

雲の上の存在だったSHAMALお姉様。自分には一生縁がないだろうと思って諦めていた高嶺の花。それが今半額以下に・・・! 

 

「こんだけ安かったら海外通販で行くべきっすよー!YOUポチっちゃいなよー!」とは店長の弁。自分とこの利益にならないのに優しいから好き。

 

ちなみに、少し出遅れたせいで、この色で2WAYはカンパフリーのものしか残っていなかったので、後でシマノフリーに交換します。

 

大事に・・・大事に・・・!使っていきます・・・!ありがとう英国、ごめんなさい世界経済・・・!

またもスマホGPSに翻弄されるわたくし

 スマホGPS、貴様だけは許さん・・・!

f:id:meeeena39:20160622204137j:plain

 

 

 

 

どうしてこうなった。

 

 

ウキウキ!V650で区間記録

V650の基本的な使い方も理解できてきたし、トップキャップマウントが届いたのでアクションカムのテストも行おうと、休みを利用して短距離激坂スプリントを決行しました。

コースは以前もご紹介した願昭寺。本気で登れば4分弱で登れるお手軽激坂です。もちろん短距離走には短距離走なりのしんどさがありますので、頂上では灰色になった死骸が横たわることになります。

そう、ここは自分の中では最も熱いタイムアタックスポットなのです。ここを何分で登るかによって、店での評価が決まる・・・(つまらないことを気にしている

 

サイコンを新調して、嫌がおうにもモチベーションアップ!今日の午前中が晴れてくれることを今週に入ってから祈っておりました。

結果、前日の大雨もあがり、よっしゃ行くぜと激坂に突入する私。

 

 

うーんうーん苦しい(以下略

 

 

ゼエハア。頂上着。

STRAVAの記録が気になるけど、PCでPOLAR FLOWに同期するまでは結果がわからんちん。

なのでそのあとちょこっと走ってから帰宅して同期しました。

 

 

ドキドキ・・・

 

 

でた!

 

 

 

f:id:meeeena39:20160622202544p:plain

 

 

ハアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアン!?

 

いやこんなに遅いわけねえって!絶対なんかの間違いだって!(前回記録4:09)

 

そう思い動画を検証した結果がこちら。

(立ち漕ぎするとおじさんのアゴが左右にリズミカルに登場します。)

vimeo.com

 

ほーら!

ほーらね!

 

3分26秒はSTRAVAユーザー中7位!

 

・・・といってもむなしい。

だってSTRAVAの記録に残ってないのだもの。

動画撮っててまだ助かったけど、なんでじゃ・・・と

STRAVAを眺めていたらあることに気づきました。

 

vimeo.com

 

紫縁取りのアヒルが前回スマホGPSで記録をとったときの私。黒が今回。

スタートから紫がほぼ動かない。

黒がどんどん先行する・・・

黒ゴール手前。

 

!?

 

紫が・・・消えた・・・!?

 

いやッ!見ろッ!

ゴール直前の黒を追い抜いて先にゴールしているッ!

そしてなぜか黒のタイムがいきなり増えて4分38秒になったッ!!

 

てことは十中八九以前の記録が不正確だったせいで今回の記録が割を食ったんじゃないかー!!

 専門家じゃないので細かいことはわからんけど、STRAVAとスマホGPSの食い合わせが悪いのは間違いなさそうである。

スマホを使っていた過去の自分が現在の自分を苦しめる・・・

 

 

前のデータ消そうかなあ。

 

あ、トップキャップマウントのテストは思い通りいい感じだったので満足してます。

スマホGPSにブチギレ→怒りのGPSサイコン(POLAR V650)購入

先日、近場の激坂でタイムを出して楽しんでいるという話をしました。

StravaでヒルクライムTTって楽しい!という話 - チャリカメ!

 

記録を出してから、ショップでの激坂ブームがさらに過熱し、日々更新されているようです。

んで、こりゃ私も負けてられないと思って、再び坂に赴いたわけです。

実は、なにげにあれからビンディングに変えたため、フラットの時との違いも確かめたいという思いで登りました。

 

f:id:meeeena39:20160619113120j:plain

GIROのRumble VRというSPDシューズです。歩きやすいけど普通の靴に比べると底は硬いです

 

f:id:meeeena39:20160619113243j:plain

人車一体!SHIMANO A600(立ちゴケの洗礼は通過済み)

 

記録が出るかどうかのワクワクを胸に秘めて、レッツゴー!

うわーきつい!でも前より漕ぎやすい!これが引き足ってやつかー!ヒイヒイ!

でもこれは絶対前より速いぞ!記録更新まちがいない!!

(朦朧としながらスマホでStravaを確認)

f:id:meeeena39:20160619114304p:plain

ピューッ

 

f:id:meeeena39:20160522151255p:plain

正しいルート

 

 

はぁ・・・

ふざけんなあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

 

f:id:meeeena39:20160619131825p:plain

ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

 

f:id:meeeena39:20160619114821p:plain

ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

 

f:id:meeeena39:20160619115113j:plain

ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

 

f:id:meeeena39:20160619115253j:plain

ドーン!

 

ハァハァ・・・

スマホGPSの精度の悪さに脳が沸騰した私は、英国のEU離脱騒動によるポンド安に乗じてGPSサイコンを海外通販してしまいました。

ポチってからわずか4日程度で英国から大阪へ。すごい時代です。

 

POLAR V650 

さて頭を冷やして、商品を見ていきましょう。

GPSサイクルコンピューター POLAR V650です。心拍センサーつき。

機能などの詳細なレビューは公式や先人のブログなどに譲ります。

私はしげさんのブログ(http://cycle.photo-blog.jp/)を大いに参考にさせていただきました。

買う前に調べたところ、「発売直後は微妙だったけど、アップデートを繰り返すうちにGARMINのミドルグレードのサイコンにもひけをとらない機能を持つようになった」というのが全体的な評価のようです。GARMIN Edge520Jがセンサー類セットで¥48,400することを考えればかなりのお買い得。

タッチパネル搭載で操作は直感的です。

「最初から完成させて発売しろよ」と思わんでもないです。

 

f:id:meeeena39:20160619120243j:plain

フィンランド企業によるデザインが美しいです。GARMINは無骨ですよね。これも購入の決め手のひとつでした

 

f:id:meeeena39:20160619120518j:plain

 電源ボタンを押してから20秒程度で計測ができるようになります。不満なし

 

センサーはTOPEAKで

スピード&ケイデンスセンサーですが、POLAR純正のものは電池交換不可という仕様(なんだそりゃ)なので、無理に交換すると保証外になってしまう・・・ということで、TOPEAKの安いものを採用しました。ネットの記事によると、「反応が悪い」とか「タイムラグがある」とか悪評もありましたが、「まあ動く」的な評価が大半だったのでこれでいいかと。POLARはセンサーが一つにまとまっていない上に値段も8000円ぐらいするので、4000円台のTOPEAKでとりあえず試してみました。

 

f:id:meeeena39:20160619125027j:plain

最初ほんとに動かなくて焦りました。付属の電池から新品のものに換えてからはちゃんと認識するようになって(´▽`) ホッ

ラグの話ですが、十分許容範囲内だと思います。動き出しと、止まったときの表示の変化を見ると、だいたい3~5秒ぐらいで数字が変わります。以前使っていた安サイコンでもこんな感じだったと思うので、全く問題ないかと。

ただ激坂を上っている最中、遅すぎるのかたまに自動停止してしまうのはなんでだぜ・・・

 

取り付け

自転車への取り付けですが、標準で用意されているのはステムやハンドルに直接装着するマウントのみで、ハンドルの前方に延ばすものは販売されていません。以前は買えたようなのですが、なぜか今は販売中止になっています。

f:id:meeeena39:20160619121242p:plain

 

サードパーティーレックマウントより、対応マウントが発売されていますが高価です。公式の価格を見てしまうと買う気になりません・・・

f:id:meeeena39:20160619121540p:plain

 

どうにかならんものかとネットをさまよっていたら、海外公式(USAとフィンランド向け)では、新しいマウントが日付が未定ながら発売予定になっていました。

(Adjustable Front Bike Mount | Polar Global)

f:id:meeeena39:20160619121718p:plain

 

しかし、日本で発売されるかどうかもわからないものを待ってられないので、工夫して自分のバイクにくっつけることにしました。

 

f:id:meeeena39:20160619122047j:plain

HDR-AS100Vをぶらさげるために装着していたマウントを使います。HDR-AS100Vにはどいてもらいます。

 

f:id:meeeena39:20160619122406j:plain

 

f:id:meeeena39:20160619122506j:plain

 

このようになります。サイコンを確認するときにあまり下を向きたくないので、なるべく前に出したいですよね。地図とナビ機能もあるので、なおさらです。トップチューブバッグに入れたスマホを見るのはけっこう辛いと和歌山で思ったので。ロングライド時の給電はトップチューブバッグから変わらず行うつもりです。

今の持ち物ではこれがベストな配置だと思います。

 

居場所を失ったHDR-AS100V君は、へるはうんどさんの記事(しおいんですけど : ソニーアクションカムAS100Vをロードのトップキャップに固定し“良いトコどり”)を参考にして、トップキャップに装着することにしました。ハンドル回りがすっきりするのはいいことです。

  

タッチスクリーンの動き

vimeo.com

動画にしてみました。タッチ、スワイプの感覚がわかっていただけると思います。スマホと大差ない感じでスッと動いてストレスフリーです。動画の中では、昨日行ったライドの結果を確認しています。通ったルートも地図上で表示しました。

後半「ルート」をタッチして表示されたのは、ルートラボからDLしたGPXを取り込んだ地図です。これをナビに使うことができるようです(まだ使ってない)

 

POLAR FLOWによるデータ管理

f:id:meeeena39:20160619125434p:plain

ライドの記録はWeb上のPOLAR FLOWで行います。

これは昨日行った激坂チャレンジの記録です。心拍とケイデンスセンサーをつけたのは初めてだったので、どのへんの坂で苦しんでいたのかわかって楽しいです。いや楽しくない。しんどい。脚を止めるとケイデンスが0になるのでウザいぐら上下してますね。

 

POLAR FLOWではライドの記録をもとに「追体験」というものができます。

vimeo.com

この機能よりも、めっちゃ細い山道にまでGoogle mapの車が入ってたことに驚きです。本当なら自動で小粋な音楽が流れますが、キャプチャーには入りませんでした。

 

 

Strava連携

POLAR FLOWに同期したデータは自動的にStravaにアップロードされるように設定できます。これでスマホGPSのときのような失敗を恐れずにセグメントの記録ができます。

f:id:meeeena39:20160619130130p:plain

 

すべては正確な記録をとるため・・・なんですが、

実はGPSの精度だけで言えば、後発でさらに廉価なM450君のほうが高性能だったりします・・・

が、まあいろいろ考えた結果V650にしたので、これでいいのだ。

いやーいい買い物しました!

和歌山海岸沿いツーリング

和歌山県の海岸沿い、湯浅⇔御坊間を往復するツーリングに行ってきました。

ロードバイクを買ってから2か月あまりにして、初めての遠出ツーリングです。

だいたいルートはこんな感じ(よその人が作ったものですが)。雨が降りそうだったのと、コンビニに寄るために少しショートカットしたので、予定より少し短い往復70km程度になりました。


今回のメンバーは、大学時代の友人とで、私を含め5人でした(うち一人は初対面)。みんな私より自転車歴が長いので、終始頼りにしながらのツーリングとなりました。

 

f:id:meeeena39:20160605113727j:plain

車の後部座席を倒せば車輪を取らずに積み込めました。練習にならないなあ(;'∀')

 

f:id:meeeena39:20160605113957j:plainf:id:meeeena39:20160605115035j:plain

スガちゃん、ムッシー              ほっそん

 

f:id:meeeena39:20160605115511j:plain

ベン様(初対面)

f:id:meeeena39:20160605115820j:plain

mont・bellのロードバイク、SCHEIDEGG(シャイデック)(スガちゃん)

 

f:id:meeeena39:20160605120250j:plain

今回一番のイケメン、RIDLEY FENIX(ムッシー)

 

f:id:meeeena39:20160605120522j:plain

TREK Madone2.3(ほっそん)

 

f:id:meeeena39:20160605120717j:plain

ヤフオクで買った20年前のシクロクロス用のアルミフレームから組み上げて押し付けた(ムッシー談) 

ベン様のアルミロード

 

 

以上のイカれたメンバーでお送りします。ベン様のチャリだけ異彩を放ちまくっております。

 

f:id:meeeena39:20160605121146j:plain

ベン様がんばって。

 

f:id:meeeena39:20160605121502j:plain

背中ポッケにカメラを入れていると、レンズが曇ってボカシになります。曇り止めとか塗ったほうがいいの・・・?

 

f:id:meeeena39:20160605121707j:plain

 

f:id:meeeena39:20160605121819j:plain

ムッシーのもっこりを狙うスガちゃん

 

f:id:meeeena39:20160605122043j:plain

ムッシー視点

 

f:id:meeeena39:20160605122324j:plain

海岸線沿いに軽いアップダウンを繰り返しながら県道24号線を行きます。ずっとこういう美しい入り江が見えています。広角がほしい(ずっと言う)

 

 

f:id:meeeena39:20160605122549j:plain

湯浅に戻ってきたら、「かどや」さんで名物しらす丼をいただきます。TG-4のマクロ撮影が活きる!

 

f:id:meeeena39:20160605122809j:plain

駅前のお店でいただいた和歌山名物みかんのジェラート三宝柑とかいうそうな。

 

 

ロードバイクは一人でも楽しいけど、誰かと乗るともっと楽しい!

ということを実感した旅でした。ほんとに楽しかったです。

今回のコースは初心者にもやさしくて、ほどよく登りがあり、平坦あり海岸線ありで目も楽しませてくれる良いものでした。お近くにお住まいならぜひおすすめしたいですね。

 

そして前回のテストを経て、TG-4のデビュー戦となりましたが十分活躍してくれました。しらすがおいしそうに撮れたので満足!です

またどっか行きたいですね~

【買ってしまった】OLYMPUS TG-4とロードバイクのマリアージュ

予言は現実になる・・・

f:id:meeeena39:20160601231403j:plain

 

ぼくたちは ものをかうために はたらいているんだなぁ 

みなを

 

 

はーいというわけで(どういうわけだ)、先日言っていたTG-4買いましたよー。こうなることはわかってたよねー。

SONYのRX100と最後まで悩みましたが、慣れ親しんだインターフェースとタフさに軍配があがり、この子をうちに引き取ることになりました。だってヨドバシの店頭でずっとこっちを見つめているから・・・

 

今日、背中のポッケにINして初めてライドに連れて行きました。おなじみの行者湧水から、さらに登って金剛山のトンネル前まで。Stravaによると距離にして34.2km、獲得標高1150mだそうです。

背中にスマホ、財布、TG-4と入れていてどうだったかというと、特に重みのせいでしんどいな~と思ったことはありませんでした。汗をジャブジャブかいても防水機能のおかげで気にすることがないのがいいところですね。

 

以下、今日撮った写真の一部を掲載します。何かの参考になれば。

 

f:id:meeeena39:20160601232554j:plain

直売所で売られていたたまねぎ。

 

 

f:id:meeeena39:20160601232604j:plain

金剛山トンネル手前。

 

 

f:id:meeeena39:20160601232911j:plain

ここから奈良県になるのでした。

 

 

f:id:meeeena39:20160601232614j:plain

ここまで登ってきたのか~、と思うと登ってよかったなって思います。しかし広角が欲しい景色だ・・・

 

 

f:id:meeeena39:20160601232619j:plain

ワイド端25mmで撮っています。前輪を見たら画面端の歪曲がわかりやすいと思います(偶然)

 

 

 

はいドボーーーーーン!!!

 

f:id:meeeena39:20160601232628j:plain

せっかく防水カメラ買ったんだから沈めなきゃ。

 

f:id:meeeena39:20160601232638j:plain

本当はもっと渓流に沈めたかった(上流では川に降りられなかった(´・ω・`)

 

f:id:meeeena39:20160601232644j:plain

マクロも試しました。十分満足な写り。本気を出せばもっと寄れると思います。

 

 

いかがでしたでしょうか。私としては、写りには全然不満はありません。さすがにレンズとセンサーの違いで、OM-Dに一歩譲ることは確かですが、コンパクトにそこまで求めるのは酷というもの。適材適所というものがありましょう。

上の写真でも述べたように、「もっと広角なら・・・」という惜しさがないではありません。やはりロードで出かけるなら雄大な景色をフレームに納めることが多いでしょうから。そこで、アタッチメントのフィッシュアイコンバーター(ワイド端18.5mm)を装着して、編集ソフトで歪曲修正して疑似広角コンバーターとして使用するということも考えたのですが・・・

 

フィッシュアイコンバーターが大きくて重いという問題点。

 

実際に買う前にヨドバシの店頭で試着させていただいたのですが、なかなかの厚み、そして重さ。背中のポケットがすでに定員ギリギリなので、これ以上荷物を増やすのはサドルバッグ増量を検討しなければ不可能・・・

そういうわけで今回はコンバーターの購入は見送りました。1万円以上しますしね・・・

 

水中OKというのは、頼もしいのと同時に遊びの幅を広げてくれるすばらしい機能だと思います。ガンガンお外に連れて行ってあげたいですね!