読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャリカメ!

大阪在住の30代初心者サイクリストが、ロードバイクに乗りながら写真を撮ったり撮らなかったり。

【おうちで練習編】ロードと一眼カメラの共存は可能なの?diagnlニンジャカメラストラップ購入

「ロード乗りながら一眼カメラは大変だよー、重いし邪魔だし・・・」

 

とはだれが言ったか、しかしチャリ乗りの常識のように思われます。

1gでも軽くしたいロードの世界でわざわざ一眼カメラを担ぐのは、ちゃんとやってる人からしたらアホのように見られるかもしれませんが、そこは私、始めた時から

「ガチで乗るわけやないし、レース出るわけでもないし」

「出先でうまい飯食って綺麗な景色撮れたらええねん(鼻ホジ」

と、心底ナメ切った態度でここまできております。

 

 ゆえに、多少荷物で重くなっても(゚ε゚)キニシナイ!!

 

さすがに一眼レフは重くてデカいので、そこはミラーレスなのですが・・・

 

さて、問題はカメラの運搬方法です。

候補は以下の通り。

  1. 男ならカメラ付属ストラップ
  2. リュックに入れて必要なときだけ出す

1.については、走行時に後ろに回しておく必要があるため、ストラップは短くしておかなければブラブラしてしまいます。しかし短い状態だと「前に回す→構える」モーションをとると、大変窮屈になってしまいます。余裕を持たせると今度は走行時の安定性が損なわれるためNG。

 

2.は実は、前回のCRライドでこれの実験をしていたのでした。

結果は、良くもなく悪くもなく。リュックを担ぐこと自体には、リュックが重くなければ60km程度ではそこまで疲れを感じませんでした。問題は、パッと出せないことです。リュックに入れていると一度チャリから降りて、よいこらせとリュックを開けてカメラを取り出して撮るという煩雑な手順を経る必要があります。

とてもめんどい。

 

 なので、これらの問題を解決できる方法をぐぐる先生にお願いしたところ、提示されたのがこちらの商品です。

 

www.amazon.co.jp

アイエエエ!?ニンジャナンデ!?

一見普通のカメラストラップですが、伸縮自在で必要なときのみシュッと伸ばしてパチリ。走行時はぴったり背中につけられるため、ロードに向いているのでは?と思って購入。ポチリ。

 

f:id:meeeena39:20160417233846j:plain

昨日ぽちったら今日届いた。速過ぎて怖い。

f:id:meeeena39:20160417234114j:plain

あまり説明らしい説明がされていないパッケージ。

f:id:meeeena39:20160417234302j:plain

何種類か太さに種類がありましたが、太いほうが肩にかかる負担が少なそうだったのでもっとも太い幅38mmをチョイス。

f:id:meeeena39:20160417234359j:plain

カメラ装着の図。

 

では、装着してみましょう。

f:id:meeeena39:20160417235045j:plain

ペロン。

うわー邪魔ー。

さすがにこれぶら下げてチャリ漕いだらアカンでしょ。前輪にペローンを巻き込んで

前輪ロック→10m飛翔のコンボをキメる31歳の図が目に浮かぶ。

ナニコレー;;お金かえしてー;;って泣いてたら丁寧な解説をしてくださっているサイト発見伝。

camera10.me

ははーん。この謎のパーツと思われたマジックテープのヤツがカギだったわけですか。

これをクルクルして・・・

f:id:meeeena39:20160417235900j:plain

f:id:meeeena39:20160417235838j:plain

できた!

これぐらいはペローンを余さないといけません。限界まで短くすることもできますが、それだと付属のカメラストラップを使っているのと同じになってしまいますので。

あの説明書でこれできる人おらへんやろ!

 

ちょい苦戦しましたが、伸び縮みさせてみると軽快軽快。チャリ以外でのちょっとした旅行とかでも活躍しそうです。

 

あと気になるのは、ロードに乗ったときの

  • 体への負担
  • 短くなったとはいえペローンウザくない?

の二点ですね。今度またCR行ったら使用感を確かめてみたいと思います。

それでは!