チャリカメ!

大阪在住の30代初心者サイクリストが、ロードバイクに乗りながら写真を撮ったり撮らなかったり。

パーツ決定!そしてお店との付き合い方

最近は暇になれば近所のプロショップに顔を出す私です。いずれ許可を取って詳しく紹介したいと思いますが、自転車屋なのにピザとドリンクが出ます。アイスコーヒーがクッソ薄いのはライド後の客に対する優しさだと思いたい・・・

 

そんなお店で、前回悩んでいたパーツ交換!の内容が決定しました!パチパチ

 

  • SHIMANO 105 5800 HOLLOWTECH II Crankset(170mm)f:id:meeeena39:20160505222033p:plain
  • SHIMANO 105 5800 Dual-Pivot Brake Caliperf:id:meeeena39:20160505222103p:plain
  • TOKEN TK888

    f:id:meeeena39:20160505222239j:plain

 

この中で注目は最後のBBでしょうか。アドバイスがなければ何も考えずにハナクソほじりながらシマノのBBをつけていたと思うんですが、店長の

シマノのBBは丈夫で壊れにくい分回転が・・・TOKENいいっすよ特にセラミックのやつ

とさりげなく高いほうを提案してくる店長に牽制を入れつつ、TOKENのTK888をチョイス。これはセラミックではなく鋼の玉が入っているのですが、DURA-ACE用に作られているとのことで性能はグッド(らしい)。

色はもちろん。赤黒の自転車に乗っているため、赤と黒以外のパーツは付けられない宿命(さだめ)。

 

正直なところ、これらのパーツをつけたところで自分が速くなるとは思っていません・・・が、

やっぱり愛車をかっこよくしたいじゃないですか!

趣味なんて自己満足してナンボです。愛読書の「じこまん」にもそう書いてあります。

Amazon.co.jp: じこまん 1 電子書籍: 玉井雪雄: Kindleストア

 

 

さて、ではこれらのパーツをどうやって我が愛車にセットするかという話になってきますが・・・

正直、パーツはWiggleとかで買ったほうが安いです。

そして情報過多の時代、おそらく調べればロードの分解、パーツの装着の方法などは簡単に手に入れることができると思います。素人なりに自転車にくっつけて走るぐらいのことはできるとは思います・・・

しかし!私はやりません。

 

理由はこちら。

・安全性の問題

やはり素人がいきなりパーツを付けるのは怖いです。ましてや命を預けるブレーキを・・・下りで50km/h出ているときにブレーキが弾け飛んだら待っているのは

安全のためなら死んでもいいというのがポリシーなので、それだけは御免こうむりたい。

 

・お店との信頼関係

これが今回一番いいたいところです。いくら「よそで買ってきた自転車でも面倒見ますよ」というスタンスのお店でも、通販で買ってこられたパーツを持ってきて「つけてよ」と言われて気分は良くないハズ。

少しのお金を節約するために、なじみの店に顔を出しづらくするか・・・?

ということです。メンテをしてくれる店長だけでなく、店に集まった人ともすでに顔なじみです。自転車を始めた理由の一つに

友達がほしい・・・

という30男の切実な悩みがあるので、お店とのつながりはめっちゃ大事なのです。だから、多少ネット通販より高くても、私は近所のお店と仲良くします。

数千円単位の小物とかだったら普通にネット通販しますけどね。

 

つらつらと書きましたがメーカー在庫があるので来週にはお店にパーツが届くそうです!楽しみ!