読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャリカメ!

大阪在住の30代初心者サイクリストが、ロードバイクに乗りながら写真を撮ったり撮らなかったり。

スマホGPSにブチギレ→怒りのGPSサイコン(POLAR V650)購入

先日、近場の激坂でタイムを出して楽しんでいるという話をしました。

StravaでヒルクライムTTって楽しい!という話 - チャリカメ!

 

記録を出してから、ショップでの激坂ブームがさらに過熱し、日々更新されているようです。

んで、こりゃ私も負けてられないと思って、再び坂に赴いたわけです。

実は、なにげにあれからビンディングに変えたため、フラットの時との違いも確かめたいという思いで登りました。

 

f:id:meeeena39:20160619113120j:plain

GIROのRumble VRというSPDシューズです。歩きやすいけど普通の靴に比べると底は硬いです

 

f:id:meeeena39:20160619113243j:plain

人車一体!SHIMANO A600(立ちゴケの洗礼は通過済み)

 

記録が出るかどうかのワクワクを胸に秘めて、レッツゴー!

うわーきつい!でも前より漕ぎやすい!これが引き足ってやつかー!ヒイヒイ!

でもこれは絶対前より速いぞ!記録更新まちがいない!!

(朦朧としながらスマホでStravaを確認)

f:id:meeeena39:20160619114304p:plain

ピューッ

 

f:id:meeeena39:20160522151255p:plain

正しいルート

 

 

はぁ・・・

ふざけんなあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

 

f:id:meeeena39:20160619131825p:plain

ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

 

f:id:meeeena39:20160619114821p:plain

ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

 

f:id:meeeena39:20160619115113j:plain

ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

 

f:id:meeeena39:20160619115253j:plain

ドーン!

 

ハァハァ・・・

スマホGPSの精度の悪さに脳が沸騰した私は、英国のEU離脱騒動によるポンド安に乗じてGPSサイコンを海外通販してしまいました。

ポチってからわずか4日程度で英国から大阪へ。すごい時代です。

 

POLAR V650 

さて頭を冷やして、商品を見ていきましょう。

GPSサイクルコンピューター POLAR V650です。心拍センサーつき。

機能などの詳細なレビューは公式や先人のブログなどに譲ります。

私はしげさんのブログ(http://cycle.photo-blog.jp/)を大いに参考にさせていただきました。

買う前に調べたところ、「発売直後は微妙だったけど、アップデートを繰り返すうちにGARMINのミドルグレードのサイコンにもひけをとらない機能を持つようになった」というのが全体的な評価のようです。GARMIN Edge520Jがセンサー類セットで¥48,400することを考えればかなりのお買い得。

タッチパネル搭載で操作は直感的です。

「最初から完成させて発売しろよ」と思わんでもないです。

 

f:id:meeeena39:20160619120243j:plain

フィンランド企業によるデザインが美しいです。GARMINは無骨ですよね。これも購入の決め手のひとつでした

 

f:id:meeeena39:20160619120518j:plain

 電源ボタンを押してから20秒程度で計測ができるようになります。不満なし

 

センサーはTOPEAKで

スピード&ケイデンスセンサーですが、POLAR純正のものは電池交換不可という仕様(なんだそりゃ)なので、無理に交換すると保証外になってしまう・・・ということで、TOPEAKの安いものを採用しました。ネットの記事によると、「反応が悪い」とか「タイムラグがある」とか悪評もありましたが、「まあ動く」的な評価が大半だったのでこれでいいかと。POLARはセンサーが一つにまとまっていない上に値段も8000円ぐらいするので、4000円台のTOPEAKでとりあえず試してみました。

 

f:id:meeeena39:20160619125027j:plain

最初ほんとに動かなくて焦りました。付属の電池から新品のものに換えてからはちゃんと認識するようになって(´▽`) ホッ

ラグの話ですが、十分許容範囲内だと思います。動き出しと、止まったときの表示の変化を見ると、だいたい3~5秒ぐらいで数字が変わります。以前使っていた安サイコンでもこんな感じだったと思うので、全く問題ないかと。

ただ激坂を上っている最中、遅すぎるのかたまに自動停止してしまうのはなんでだぜ・・・

 

取り付け

自転車への取り付けですが、標準で用意されているのはステムやハンドルに直接装着するマウントのみで、ハンドルの前方に延ばすものは販売されていません。以前は買えたようなのですが、なぜか今は販売中止になっています。

f:id:meeeena39:20160619121242p:plain

 

サードパーティーレックマウントより、対応マウントが発売されていますが高価です。公式の価格を見てしまうと買う気になりません・・・

f:id:meeeena39:20160619121540p:plain

 

どうにかならんものかとネットをさまよっていたら、海外公式(USAとフィンランド向け)では、新しいマウントが日付が未定ながら発売予定になっていました。

(Adjustable Front Bike Mount | Polar Global)

f:id:meeeena39:20160619121718p:plain

 

しかし、日本で発売されるかどうかもわからないものを待ってられないので、工夫して自分のバイクにくっつけることにしました。

 

f:id:meeeena39:20160619122047j:plain

HDR-AS100Vをぶらさげるために装着していたマウントを使います。HDR-AS100Vにはどいてもらいます。

 

f:id:meeeena39:20160619122406j:plain

 

f:id:meeeena39:20160619122506j:plain

 

このようになります。サイコンを確認するときにあまり下を向きたくないので、なるべく前に出したいですよね。地図とナビ機能もあるので、なおさらです。トップチューブバッグに入れたスマホを見るのはけっこう辛いと和歌山で思ったので。ロングライド時の給電はトップチューブバッグから変わらず行うつもりです。

今の持ち物ではこれがベストな配置だと思います。

 

居場所を失ったHDR-AS100V君は、へるはうんどさんの記事(しおいんですけど : ソニーアクションカムAS100Vをロードのトップキャップに固定し“良いトコどり”)を参考にして、トップキャップに装着することにしました。ハンドル回りがすっきりするのはいいことです。

  

タッチスクリーンの動き

vimeo.com

動画にしてみました。タッチ、スワイプの感覚がわかっていただけると思います。スマホと大差ない感じでスッと動いてストレスフリーです。動画の中では、昨日行ったライドの結果を確認しています。通ったルートも地図上で表示しました。

後半「ルート」をタッチして表示されたのは、ルートラボからDLしたGPXを取り込んだ地図です。これをナビに使うことができるようです(まだ使ってない)

 

POLAR FLOWによるデータ管理

f:id:meeeena39:20160619125434p:plain

ライドの記録はWeb上のPOLAR FLOWで行います。

これは昨日行った激坂チャレンジの記録です。心拍とケイデンスセンサーをつけたのは初めてだったので、どのへんの坂で苦しんでいたのかわかって楽しいです。いや楽しくない。しんどい。脚を止めるとケイデンスが0になるのでウザいぐら上下してますね。

 

POLAR FLOWではライドの記録をもとに「追体験」というものができます。

vimeo.com

この機能よりも、めっちゃ細い山道にまでGoogle mapの車が入ってたことに驚きです。本当なら自動で小粋な音楽が流れますが、キャプチャーには入りませんでした。

 

 

Strava連携

POLAR FLOWに同期したデータは自動的にStravaにアップロードされるように設定できます。これでスマホGPSのときのような失敗を恐れずにセグメントの記録ができます。

f:id:meeeena39:20160619130130p:plain

 

すべては正確な記録をとるため・・・なんですが、

実はGPSの精度だけで言えば、後発でさらに廉価なM450君のほうが高性能だったりします・・・

が、まあいろいろ考えた結果V650にしたので、これでいいのだ。

いやーいい買い物しました!