チャリカメ!

大阪在住の30代初心者サイクリストが、ロードバイクに乗りながら写真を撮ったり撮らなかったり。

初めて100km走って思ったこと

プチブルベ体験ツアー

梅雨の合間に晴れが来てくれたのなら、それは自転車に乗るしかない。

そう思ってお店の朝練に足を運んだら、朝練後のコーヒーブレイク中に、常連のブルべマスターが

「今から榛原に行くけど、誰か行きません?」

とお誘いになりました。

 

「はい・・・ばら・・・?よくわかんないけど行きます・・・」

とIQ0の回答をし、ついていくことに。かくしておっさんの4人旅がスタートしたのでした。

ルートは朝練のゴール地点から金剛トンネルを超え、奈良へ。泉南スタートのブルべのコースを一部なぞる、プチブルベ体験ツアーでございます。

 

 

 

暑い、とにかく暑い

朝練は時間帯も早く、日陰も多いので大してつらくはなかった。

しかし、ここからどんどん気温が上がるというシチュエーションで、さらに未体験の長距離ライド(100km超えるとあらかじめ言われていた)・・・楽な訳がない!

 

 

濃ッ厚に濃縮された汗が目に入り激痛を起こしたり、斜度的にはなんでもない坂でも風が全くなく、蒸し蒸しの空気に体全体を包まれながら、直射日光に炙られると熱中症寸前まで追い込まれる。

頭痛、手のしびれ・・・(真夏のしまなみを思い出す)

水がどんどんなくなっていく。コンビニで補給した水は全部汗になってどこかへ消え去る。

頭から冷水をぶっかけていないと意識がオチてしまいそうだ・・・ 

 

 

きつい、きつすぎる。

やだよー帰りたいよー

 

でも知らない道なので、ブルベマスターについていくしかない。

 

 

そして私を苦しめるもうひとつの要素があったのでした・・・

 

 

口の中がザラザラする

補給は基本的に甘いもの、炭水化物が中心なので、どうしても口の中が糖だらけになります。

糖を摂ったあとは、口腔内の細菌さんたちがハッスルして歯の表面にプラークをせっせと造成してくれやがります。

結果、口の中がザラザラ・・・

 

き、きもちわるい;;

 

 

今まではそこまで頻繁に補給するライドがなかったので、あまり気にしていませんでしたが、今日は

補給しない=リアルな死

という構図が出来上がっているので、補給は絶対に欠かせない状況・・・

命には代えられませんが、口の中の不快感MAX。

 

あああ一刻も早く歯を磨きたひ。

 

 

今度から長距離走るときは歯ブラシを忍ばせていこう・・・とひそかに決意したのでした。

 

 

なんにせよ100km走れてよかった。

もう暑い時期にはやりたくないけど!!